財布にカードはたくさん必要がない?

普段使っている財布にはカードを
たくさんしまっていてもそう頻繁には使いません。

 

実際に毎日使っているカードやお金を想定してみてください。

 

最近は顧客を囲い込むために多くの企業がカードでポイントつける
という商売方法をとっていますが、あなたは普段それらのカードを使いますか?

 

仮に使う場合でも、一元化して無駄なカードを財布から減らす努力をしたほうが、
軽くなるし、面倒も減りますよ。

 

私の場合は、普段は運転免許、保険証、クレジットカード、Suicaがあれば、
生活に支障が出ることはありません。

 

あなたも毎日使うカードをチェックしてみてください。

 

多くても、5枚いけばいいほうだと思いますよ。
こう考えると、普通の大きめの財布は
ほかに余計なものがいっぱい入っていると気が付きますよね。

 

私の場合は溜まったレシートや病院の診察券、図書館の利用カード、
使うことのなテレホンカードなんてものまでありました・・・。

 

レシートはともかくとして、
ほかのものは、ここ1年使うことすらなかったものです。

 

あなたの財布の中身はどうなっているでしょうか?

 

パンパンに膨らんでいる財布を持ち運んでいる人を
見かけることがたまにありますが、それ自体非常にみっともない上に、
どこにしまったのかと財布を開けて探している様はオシャレから程遠いですよね。

 

重そうな財布をもっていることで、中にぎっしり詰まっている印象をだし、
それがリッチなイメージを演出すると思っているのなら間違いです。

 

たしかに、現金をたくさん使うことが多く、
常に持ち運んでおく必要がある人ならそういった財布もいいでしょう。

 

でも、あなたの場合はそれほどのぎっしり詰まった財布が必要ですか?

 

ほとんどの人は、仕事でも、プライベートの時間でも、
そんな大量の現金を財布にいれておくことよりも
軽くてしまうところを選ばないほどコンパクトな財布のほうが便利なはずです。

 

アブラサスの薄い財布は持ち運ぶカード、コイン、紙幣の全てを
徹底的に削って、必要最小限度のものを携帯できるように設計されています。

 

コインなら、
500円が1枚、100円が4枚、50円が1枚、
10円が4枚、5円が1枚、1円が4枚。

 

合計15枚で999円が入るように設計されています。

 

カードは5枚、紙幣10枚はくらいとなっていて、
持ち運ぶのがとても楽です。

 

スマートフォンを常に手元に持っている人は最近非常に多くなっていますが、
スマートフォンと同じくらいの大きさと軽さの財布なので、
洋服やズボンのポケットにサッとしまえるのが特徴です。

 

普段使いにはうってつけの財布ですよ。

かさばらない財布として重宝しています

一般的な二つ折りの財布は厚みが約30ミリと、
身につけておくと、かさばるのが難点です。

 

アブラサスはお金やカードを入れた状態で約13ミリとなっていて、
スマートフォン並みの厚さを実現しています。

 

重さもなにも入れていない状態で、約50グラム、
大きさも縦・横・厚さが9.8センチ×9.5センチ×7ミリとなっていて、
大変コンパクトにまとまっています。

 

胸ポケットにもすっぽりとはいってしまうので、
持ち運びも手軽で嵩張らず、スマートな印象を与えてくれます。

 

薄い財布という名前の通り、厚みがなくて携帯が簡単で、
重みで疲れるということもないのが最大の売りです。

 

かさばらない財布を探しているのなら一度手にとってみてください。